京都審美歯科ガイド >> 歯ぐきをキレイにしたい

歯ぐきをキレイに ― 歯周形成外科治療

治療前

歯周形成外科とは

あまり日本では聞きなれない分野ですが、スマイルを大切にする欧米ではかなり普及している治療です。以下症状の場合に、歯周形成外科で治療いたします。

  • 笑うと歯グキが大きくみえる
  • 前歯の歯グキのラインが左右非対称に見える
  • 歯グキが退縮して歯が長く見える
  • 歯グキの色が悪い

歯と歯ぐきのバランスの悪さが美しい笑顔を台無しにしている場合があります。また、歯グキが退縮して歯根が露出し、冷たい物がしみる など、これでは美味しい食事も楽しくありません。このように歯グキが原因で起こる審美的問題や機能的問題を、歯周形成外科により改善することができます。

症例紹介 ~歯周形成外科~

Before

治療前

After

治療後

Before

治療前

After

治療後

Before

治療前

After

治療後

その他の歯ぐきの治療について

症状 原因 処置
歯ぐきが
赤く腫れている
歯肉炎・歯周炎
病原菌が原因で歯ぐきに炎症が起きている状態です。きちんと治療する必要があります。

PMTC
歯肉炎・歯周炎の原因は細菌です。細菌が棲みつく歯垢や歯石を専用の器具を用いて取り除き、再付着を防ぐため徹底的にクリーニングします。

1

1

2

2

3

3

4

4

5

5

差し歯と
歯ぐきの間が
黒ずんでいる
メタルタトゥー
歯科素材から金属が溶け出し、歯ぐきに沈着している状態です。歯肉に金属イオンが浸透していることが多く、ひどい場合は手術が必要になることもあります。
ひどい場合は切除手術・歯肉の移植後、非金属の歯科素材へ交換
歯肉の変色の原因となっている金属素材を、非金属のものへ交換します。土台には天然歯に近い弾力を持つファイバーコアを使用し、セラミックなどを被せます。
歯ぐきが
黒ずんでいる
メラニン色素の沈着
口呼吸によって歯ぐきが日焼けしているのと同じ状態になり、喫煙によって歯ぐきにメラニン色素が定着することが原因と考えられます。なお、治療を行っても、こういった習慣によって再発することがあります。

薬品塗布・レーザー治療
歯ぐきに沈着したメラニン色素は、薬品を塗布したり、レーザー光を当てたりすることで除去できます。薬品の場合は10分、レーザーだと30分程度。施術から2週間ほどで、ピンク色の歯ぐきがよみがえります。施術時に、少しヒリヒリすることがありますが、時間とともに治まります。

レーザー治療

レーザー治療

ホワイトニングでより一層白い歯を

歯は、遺伝によってもともと黄ばんでいることもありますが、年齢や、カレーやワイン、コーヒーなどの色の濃い飲食物、タバコのヤニなどによっても黄ばんでいきます。これら黄ばみは、どんなに丁寧にブラッシングしても改善できず、そんな黄ばんで歯にお悩みの方は意外と少なくありません。そんなお悩みにおすすめな のが「ホワイトニング」です。専用の薬剤で歯にダメージを与えず、白くきれいな歯に仕上げます。歯がきれいになると、口元全体の印象がアップし、笑顔に自信が持てるようになることも。

口元をもっと輝かせたい方は、ぜひ試してみませんか?

ホワイトニングの種類

ホワイトニングは薬剤を使って歯の内側から漂白する方法。ホームホワイトニング、オフィスホワイトニング、デュアルホワイトニングの3種類があります。

ホームホワイトニング

自宅で、ご自身で行うホワイトニングです。はじめに歯科医院でマウストレーを作製し、ドクターからの指導を受けます。その後、持ち帰った専用のマウストレーに低濃度の薬剤を注入し、ご自宅で好きな時間に装着することで歯を白くします。毎日じっくり取り組めば、約2週間で自然な白さが実現。効果が出るまでに時間がかかりますが、色の後戻りの少ないのが特徴です。

1. マウストレー作製

1. マウストレー作製

2. マウストレー作製

2. マウストレー作製

3. 装着

3. 装着

4. ブラッシング

4. ブラッシング

オフィスホワイトニング

歯科医院で専門家に施術してもらうホワイトニングです。比較的高濃度の薬剤を歯に塗布し、特殊な光を照射することで歯を白くします。即効性があるため、短時間で歯を白くしたい方におすすめです。ただし、色の後戻りが早いことがデメリットです。

1. クリーニング

1. クリーニング

2. 保護剤の塗布

2. 保護剤の塗布

3. ホワイトニング剤の塗布

3. ホワイトニング剤の塗布

4. 光照射

4. 光照射

5. 白くなった

5. 白くなった

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用するのがデュアルホワイトニングです。歯科医院で短時間で白くした歯を、後戻りしないようご自宅で施術していただくことで白い歯を維持します。双方のメリットを活かしたホワイトニングといえます。

審美歯科治療の症例紹介についてはこちら

審美歯科選びのポイント