京都審美歯科ガイド >> 審美歯科治療の保険適用について

審美歯科治療の保険適用について

審美歯科治療はホワイトニングや矯正、インプラントなど、美容的な目的で行う歯科治療のことを指します。審美を目的とした治療となるため、保険の対象となるのかどうかわかりづらいという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこで本ページでは、審美歯科治療における保険適用について、詳しくご案内します。

審美歯科治療は保険が適用できる?

審美歯科治療といわれるものには、「矯正」「ホワイトニング」「インプラント」「被せもの」などがあります。いずれも健康だけが目的ではなく美容目的を含めた治療が審美歯科治療。美容目的だけのために行われる美容整形が保険適用にならないことはよく知られていますが、審美歯科治療では、保険適用ができる治療と、保険適用外の治療が存在しています。

基本的には保険適用外

虫歯治療や歯周病治療には保険が効きますが、審美歯科治療のほとんどは保険適用外となります。保険のルールとして定められた保険適用外となる項目の中に、「歯列矯正」がありますが、要は、「生活に支障のない症状に対する治療にまで保険は適用されません」ということだと理解できます。そのため、治療内容に美容的要素が含まれている場合は、自費治療となります。

例えば審美歯科の中に「ホワイトニング治療」がありますが、これは変色した歯を白くする施術です。つまり、見た目をよくするために行う治療であり、歯が変色したとしても生活に支障がないので、保険の対象外となります。

一部、保険適用可能な治療も

基本的には審美歯科治療は保険の適用外となりますが、中には適用となるケースも存在します。
具体的に保険が適用される例として、「被せもの」「詰め物」を使用した治療があります。虫歯の治療をしたあとには必要最低限の金属の被せものや詰め物が必要であると認められているからです。

金属は耐久性があるため、銀歯は見た目以外には問題はありませんが、それでも見栄えのよい素材としてオールセラミック治療を選んだ場合は、保険の適用外となります。つまり、保険が適用に「なる」「ならない」の判断は、「見栄えをよくしたい」という美容目的に該当してしまうと、特別な処置とみなされ適用外となるわけです。

ただし、結果的に見た目の良さにつながったとしても、生活上必要な治療であると認められれば保険適用となることもあります。素人がイメージするものと、実際、医師の判断が異なるケースもありますので、勝手に決めつけずに相談してみることが大切でしょう。

保険が適用できるかどうかを確認する方法

保険適用外となる治療が多い審美歯科治療ですが、皆様の口内の状況により、保険適用の有無が変わってきます。さまざまなケースがありますので、保険が適用になるかならないか、個人で判断するのは困難です。そのため、正確な判断は、やはり歯科医師に確認するのが妥当。素人が勝手に判断せずに、プロの専門医に相談してみてください。

直接歯科医院に足を運ぶのがもっとも確実ですが、最近ではさまざまな歯科医院がHPなどで個人的な相談を無料で受け付けているケースがあります。そのようなサービスを利用するのもひとつでしょう。

その際は、できるだけ具体的に口内の状況を伝えることが大切。同じ治療内容でも、歯や歯茎など口内の状態によっては、特別に保険適用となることもあるからです。たとえば、顎変形症の矯正については保険適応となりますので、ひとりで決めつけずに相談することが大切ですね。

審美歯科治療の保険適用についてのまとめ

歯や歯茎は、物をよく噛める状態であることが重要ですが、その人の見た目の印象を決める大切なポイントでもあるため、美容目的である審美歯科治療も大切な施術のひとつです。自分自身の印象をアップすることができますので、真剣に治療を考えていただきたい歯科治療といえるでしょう。

とはいえ、審美歯科治療は基本的にそのほとんどが保険適用にはなりません。しかし、中には適用となるものがあるのも事実。そこで、素人である個人で判断せずに、きちんと専門医に保険適用となるのかならないのかを判断してもらいましょう。

その際、実際にいくらかかるのかを聞いておくことも必要です。自由診療ということになれば、同じ治療でも歯科医院によって価格が異なるからです。納得のいく治療をするためにも、実績、治療費、治療方法、専門医がいるかどうかなどの情報をしっかりと集めたうえで、治療する歯科医院を選択することをおすすめします。

審美歯科治療の症例紹介についてはこちら

審美歯科治療・素材についてくわしくはこちら