京都審美歯科ガイド >> 20代からの審美歯科

美容と健康のために~20代からの審美歯科~

美容や健康への意識の高まりから、審美歯科治療を希望する方は年々増加傾向にあります。審美歯科で行う治療には、歯科材料をワンランク上の美しく耐久性のある素材に変える治療や、歯を削らずに白くするホワイトニングなどがあります。また、歯並びを整えることは噛み合わせを正しくし、健康な身体づくりにもつながります。

20代の審美歯科の傾向

身体の成長も落ち着いてくる20代は、審美歯科治療のスタートにぴったりの時期。かつては、「悪い歯を治す」といったイメージが強かった歯科医院ですが、現在では自分磨きの一環で利用される方も多くいらっしゃいます。ダイエットをしたり、美容院やエステに通ったりするのと同じ感覚で、審美歯科が利用されているのです。

人生の大切な場面を美しい笑顔で迎える

社会への新しいスタートを切る卒業式や入社式、さらに友人やご自身の結婚式など、人生の大きな場面を迎えることが多い20代。大切な出会いをよりよいものにするためには、心身ともに万全で臨みたいものですね。白く輝く歯は、まわりの人に好印象を与えるもの。審美歯科治療で「笑顔に自信が持てるようになった」という方も少なからずいらっしゃいます。

幅広い職業の方が審美歯科を利用しています

幅広い職業の方が審美歯科を利用しています。特に接客業の方は、人に与える印象を大切にしているため増えています。服装や髪型への配慮と同じように、美しい口元を重視されるのは自然なことかもしれませんね。

こんなお仕事の方に人気

こんなお仕事の方に人気

  • 接客業
  • 販売業
  • 営業マン
  • CA
  • 就職活動を控えた大学生

20代に人気の審美歯科治療

20代の方によく選ばれている治療が、詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)・差し歯にワンランク上の歯科材料「セラミック」を使用したセラミック治療です。セラミックは、保険適用で使用される金属や歯科用プラスチック(レジン)よりも見た目に優れているのはもちろん、透明感や強度があり、自然な美しさが手に入ります。

審美歯科治療の症例紹介についてはこちら

審美歯科治療・素材についてくわしくはこちら